【コロナショック】手取り10万以下になり家賃も払えなかったキャバ嬢がスマホ1台自宅で60万稼げた方法

「コロナショック!接客を伴う水商売業界に激震」

私
歌舞伎町なのにこんなに稼げなくなったらどうしたらいいの?

2020年3月の終わり頃
日本最大の歓楽街、新宿歌舞伎町のキャバクラから帰路につく時そんなことを考えていました。

私は、昼の職業はなく
キャバクラなら頑張れば食べていけるだろうと飛び込んだ業界でした。

ただ今回の新型コロナウイルスのおかげで
店は閑散としお給料も遅延が続き

「こんな歌舞伎町を見たことない」

状態になってしまってました

これからどうすればいいのか全くわからず先も見えない状態でした・・・

「給料がもらえず家賃が払えない」

男がキャバクラで浮気をする心理と対処方法! | chieまとめ ~世界中の ...

まずはコロナウイルスのおかげで外出自粛でお客さんが激減

  • そのため店側が
  • 早上がり
  • シフトを削る出勤調整
  • 給料の遅延

解雇などに踏み切り

今本当に給料もなく明日どうやって食べていけばいいのかわからないキャバ嬢が増えています。

私も貯金もなくこのまま給料が減り続けたらあと1ヶ月くらいしか生活できない状態でした。

いつまで店が休みなのかもハッキリしていないし、国から給付金がもらえるのかどうか……

その時考えていたことはこんなことばかりでしたね。

「このままキャバクラで働いても明るい未来はなさそう」

もともと普通のキャバ嬢ってそんなに稼げるわけではなく
普通ランクなら20~25万くらいでした。
(トップレベルなら100万円とかいるみたいですけど)

それが今回のコロナの影響で
お給料が10万円もいかないようになってしまい
携帯止められたら営業もできすることができません

「働く時間をある程度自分でコントロールできるところじゃないと」

よくよく考えてみるとこれは仕方ないことですよね

世間が不況になれば
サービス業は真っ先に打撃を食らう
キャバクラなどはその典型ですね。

キャバクラはいわゆる3密

コロナショックのおかげで

まともなお金を持っているお客さんがどんどん減る一方。
で、ちょっとおかしい危機感が全くない人がたくさん来るんですよ。

『コロナ?かかるわけないし、もしかかったらその時はその時!』

みたいでちょっと怖いんですよね。

だから

昼職がありそれで生活できる人は
どんどん今、キャバクラから離れていってます。

だから私はこれをきっかけに
キャバクラを見切りつけて

収入を出来るだけ自分でコントロールできる仕事

を探すことにしました

「ネットで・・・できればスマホでできる・・・そんな仕事を探し続けた」

普段差別されてる人(弱者)が
コロナの影響でより差別が大きくなるなんておかしい。

今の現状は弱者は救われず
容赦なく切り捨てられる世界になっています。

最初に頭によぎったのがパパ活でした。

もともとキャバ嬢のパパ活は
Twitterでバズったので
コロナ不況の今
キャバ嬢やってたらめちゃくちゃLINEが来ます。

ただ、パパ活したらツイートされるのもミエミエだし、
キャバ嬢として
パパ活で援交する素振りを見せたら終わりだと思いました。

またパパ活の場合は結局はお客さんと接する事になります。

そこで次に考えたのはネット上の在宅ワークです

そういうマッチング業者みたいなところに登録して
募集されている案件をいくつかやってみました

文章を書く仕事やデータ入力など

はっきり言ってここは日本なのか?
というぐらい1件あたりの単価は安く

私
半日頑張って取り組んでも賃金は1000円もいきません。

これではまだキャバクラにしがみついてた方がマシ

旦那さんが収入があって主婦の方が内職やへそくり程度でやるなら全く問題ないと思います。

しかし、生活がかかっている私としてはとてもじゃないけど手を出せる仕事ではありませんでした

そんな時に私は
今までに培ってきたスキルを活かしつつ
スマホだけで出来る仕事を発見!

それが在宅ライブチャットレディーのお仕事でした

「スマホ1台でキャバクラのテクニックも使える仕事」

キャバクラで3年の経験があった私にとって
チャットレディーはまさに自分のスキルを活かせる仕事でした。

チャットレディーのビジネス特徴として

  • ランニングコストがほとんどかからないビジネス
  • 資金が全くなくても始められる
  • 逆行にもかかわらずボディータッチがない
  • 在庫を持たない
  • 通勤時間や交通費がかからない
  • 今すぐ働けて即日振込
  • 1分間80円など客単価が異常に高い

などが挙げられます

特に私がやってよかったと思ったところは

「働きたい時に働けて目標金額を達成できたらその日はすぐやめられる」

ところです。

私が登録してるのは次の3つです。

① VI-VO(ビーボ)

② クレア

③ グラン

①VI-VOビーボはメールだけでも稼げるので初心者の方に特におすすめ。

②クレア③グランは同系列会社ですが客層に少し違いがあり、私は時間帯によって使い分けています。

VI-VOでチャットやメールでやり取りしつつ、クレアとグランで時間を調整して稼いでます。このように用途によって3つくらいを使い分けるのが一番効率良く稼げるはずです。

現在の月収はおよそ40万円から60万円

出費と言えば
コスプレの衣装やウイッグを購入したぐらいです。

今はまだ待機時間も長いですが
それでもキャバクラやってた時の

メイクする時間や通勤時間を含めて考えると

はるかに短い時間でそれだけの金額を稼げています

チャットレディは接客業ながらもすべての時間を自分でコントロールできる個人事業主のようなものです。

「私の周りの女の子もキャバ時代以上に稼いでる人が続出」

長々と読んでいただきありがとうございました!

私の周りのキャバ嬢も最初のうちは

「そんなおいしい話あるわけないって」

とか言ってましたが
実際私が稼げたのを見たきっかけで
どんどん周りの女の子もチャットレディ業界に入ってきています。

そして全てではありませんが
キャバクラ時代以上に稼いでいる子もいます。

新しいことを始めるには非常に勇気がいります

ただ、いまのまま現状維持ではどうにもならない
という方は1度チャットレディも
副業からでいいので視野に入れてみてはいかがでしょうか

登録するのは完全に無料だし
向いてないと思えばすぐに辞めることができます。

さらに再開するのも簡単です。

あなたがチャットレディーで
今より豊かなライフスタイルや新たな収入スタイルを確立されることを願っています。

© 2020 うらないサイト