シングルマザーの憂鬱

【シングルマザーのお金と仕事事情】

シングルマザー お金に関するエピソード

精子バンクから絶対あの人の子供を産むという決心しかしていなかった。
あの人の実の息子であることにしか意味がない。
それだけにしか執念は燃やしようがない。
それ以上のことはできない。
その先のことなんか考えてもいなかったのだ。
お金な困って借金ばかりが増えていった。
首が回らないことを高ピシャに罵りすぎたのか余計に借金が増えていった。
二進も三進もいかなくなる頃、次第に高ピシャに不幸をまくしたて過ぎたことで人間でなくなっていった。
オウム真理教の教祖さまと全く同じ、全部動物、動物実験が人生や肉体を構成していた。
精子バンクが頼りになるわけもない。
二進も三進もいかない借金を返さないボイコットやヤクザに借金を捨てたりした。

シングルマザーのしごとに関するエピソード

仕事を干されたのは痛い。
ギャラが出ないことが明らかになり、ギャラ難民と呼ばれたが、ギャラ難民がまだ自分しかいない頃からのギャラ難民だった。
みんなもと述べる間に日本人というものが、ギャラ難民まで落ちる日があった。
自分ばかりではなくなっただけだ。
エロにまみれたギャラ難民。
それでも、どこかに出る意味はあるのだろうか?場末で舞台に立つために汚い衣装を着る意義はあるのだろうか?汚い衣装からまた尻が映り込んでる。
尻が映り込んで貯金通帳を写しとれる人などいるだろうか?そんな汚い舞台に立ちっぱなしで何かになるだろうか?何年、汚い舞台に立ちっぱなしなのだろう?立ちんぼと売春婦しかいないのはそれでだろうに。
いつまで立っているのだろう?

シングルマザーは正直しんどい

汚い。
綺麗なものが見たい。
気味が悪い。
こんな汚い思いをしないためだった。
尻しか動かない。
不幸しか起きない。
ギャラが出ない。
先がない。
売れるわけもない。
先に展望もない。
借金で首が回らないことが理由でか、放送禁止用語によく引っかかる。
売れるわけがない。
売れない歌ほど不幸なものはない。
ニグロばかりが、来る日も来る日もわけのわからないことを述べている。
こんな汚い歌を歌ってなんになるんだろう。
歌えば歌うほど不幸になるような気がする。
ニグロというのは、笑うツボまで汚い。
ストレスが溜まる。
ニグロにしかわからない歌なんだろうか?しばらくすると死んじまった。
悲しまないことに決めたから泣くこともない。
なんのために強いんだろう?

-シングルマザーの憂鬱

© 2020 うらないサイト